メディアについての備忘録

~頑張るあなたをハッピーに!毎日が楽しくなる生活ポータルサイト♪ライフスタイルオンライン~

入学式は何着よう!?ファッションコーディネートアプリ「WEAR」

f:id:ebzsmgur:20180316003412j:plainもうすぐ子どもの入学式。子どもが成長して次のステージに立つ瞬間はとても嬉しいものです。でも、そんな晴れ舞台に何を着ていけばいいのか、頭を悩ませているお母さんも多いのではないでしょうか。めでたい式だから黒はどうなんだろう?何年前に来た洋服はデザインが古いかな?変な恰好をして目立ちたくない!などなど、試行錯誤しているうちにどんどん日にちが迫ってきてしまいます。そんなとき、シーンや体形、洋服のブランドなどから様々な着こなしをチェックできるアプリがあるんです。その名もファッションコーディネートアプリ「WEAR」。


「WEAR」とは

f:id:ebzsmgur:20180316004308j:plain

引用元:https://www.starttoday.jp/service/
「WEAR」は、「ZOZOTOWN」というサービスを運営している株式会社スタートトゥデイが、2013年10月13日に開始したファッションコーディネートアプリです。今では1,000万ダウンロードを突破し、ファッションコーディネートアプリの中で日本最大級とうたっています。写真をアップしているのはモデルやショップ定員だけでなく、一般ユーザーも含まれます。コーディネートを掲載していくうちに人気を集め、アプリ上で発信力を持つようになった人は、公式に認定された「WEARISATA(ウェアリスタ)」になります。「WEARISATA(ウェアリスタ)」は、運営元と契約を結んで活動費をもらい、「ZOZOTOWN」で買った服のコーディネートを「WEAR」に掲載していきます。すると、「WEAR」で紹介されたアイテムの中で、そのまま「ZOZOTOWN」で購入できるものがどんどん増えていくんですね。ユーザー側にとっては、欲しいアイテムはどこで買えるのか探す手間が省け、かつ「ZOZOTOWN」でまとめて購入できるようになり、株式会社スタートトゥデイにとっては、「WEAR」に訪れる人が多くなればなるほど「ZOZOTOWN」の売上も上がります。このように「WEAR」は、ユーザー側も作り手となってコーディネートを紹介しサイトの魅力を高めています。そのおかげで、スタイルや見た目が自分に近い人をアプリ上でお手本とすることができ、私も着れると思えて購買意欲につながりやすいのかもしれません。


【サービス内容】
・日本最大級のファッションコーディネートアプリ
・1,000万ダウンロード突破、コーディネート投稿総数は700万件以上(2017年10月末時点)
・全世界(App Store / Google playが利用可能な全ての国)でダウンロードが可能
・等身大の着こなしが支持を集め、10万人以上のフォロワーを持ちWEARISTA※に認定された一般ユーザーも誕生

www.starttoday.jp

「WEAR」を使ってみた

さあ、それでは実際に「WEAR」を使ってみましょう。以下のような想定で探してみました。

シーン:子どもの小学校の入学式
対象:ママ
年齢:35歳
身長:158cm

①まずは、左上のボックスに「#入学式」と入力して検索します。そうすると「#入学式」とタグ付けされたコディネートが出てきます。

f:id:ebzsmgur:20180316004744p:plain

②次に左ナビから詳細条件を選択していきます。今回はよりおしゃれな人を年代問わず参考にしたいので以下のように絞りました。

・性別:WOMAN
・ユーザータイプ:WEARISTA
・身長:151~160

f:id:ebzsmgur:20180316004807p:plain

③条件にあてはまるコーディネートが表示されます。

④詳細ページを開くと、すべてのアイテムがどのブランドなのか、いくらなのかが書いてあって、ZOZOTOWNで購入できるようになっています。

f:id:ebzsmgur:20180316004932p:plain

コーディネートの検索は会員登録をしなくてもできますが、会員登録をするとさらに便利な機能がついてきます。会員になると、後でもう一度見たいコーディネートをメモしておけるお気に入りフォルダ機能や、購入したアイテム・元々持っていたアイテムをweb上に登録できるクローゼット機能などが活用できます。また、コーディネートにコメントを投稿できたり、他のユーザーとファッションについて情報を共有できたりと、「WEAR」はSNSとして人々の生活に浸透するように作られているそうです。

まとめ

「WEAR」は、ファッション雑誌のようにモデルに憧れて服を買うところを目指すのではなく、一人一人のスタイルや洋服を着るタイミングからコーディネートを選ぶことで、よりTPOに合った服を買うことができるところにフォーカスしたサービスなのではないかと思いました。私も「WEAR」を活用して春をおしゃれに過ごしていきます。