メディアについての備忘録

~頑張るあなたをハッピーに!毎日が楽しくなる生活ポータルサイト♪ライフスタイルオンライン~

これからの日本に必須??Airbnbが空き家を救う!!!

都心ではタワーマンションがどんどん建っていっています。

 

武蔵小杉駅周辺のように、逆に建ち過ぎているという声もあるほど。

 

その流れとは逆に、日本の人口は少子高齢化の影響で、死亡率が出生率を上回る現象が10年続いています。

 

つまり、既に日本の人口は減少の一途を辿っているということになります。

 

減っていく人口に対して、増えるものとは?

 f:id:aywsepck:20180121233257p:plain

画像:Morguefile free photographs for commercial use

 

人口が減少していく際に起きてくる現象はどういったものが想像されるでしょうか?

 

数ある中の一つで日本という産業の市場規模が減少していきます。

 

外資系の企業の多くは日本から撤退し、アジアの拠点を中国やシンガポールに移しつつあります。

 

もちろん、その他多くのことに影響が出てくることが予想されます。

 

冒頭に述べたように、タワーマンションが多く建設されている中で逆に"空き家"の数も増加していきます。

 

空き家の数は15年後に3倍になる!?

f:id:aywsepck:20180121233838p:plain

画像:Morguefile free photographs for commercial use

 

統計的に推測されていますが、15年後には約3戸に1戸が空き家になると言われています。

 

そうすると、日本の住宅が「資産」と言えなくなる日はもうすぐそこまで迫ってきています。

 

家を持っている大家さんや不動産ビジネスが儲かるといった話が都市伝説になる日も近いかもしれません。

 

空き家を救う、"Airbnb"とは???

f:id:aywsepck:20180121232914p:plain

画像:現地の人から借りる家、体験&スポット - Airbnb

 

増えてしまった空き家は、そのままにしてしまえばどんどん土地代だけ出ていきますし、解体や改装にも費用が掛かります。。

 

かと言って、人口が減っていけばそれだけ空き家が増えていく現象は止まらないでしょう。

 

そこで今、アメリカ発で人気の出てきた「民泊予約サイト」が注目されています。

 

その名も、Airbnb (エアビーアンドビー) !!!

 

Airbnbは部屋を貸したいホストと、旅行などで部屋を借りたいゲストをマッチングさせるためのサービスです。

 

その認知度は日本では高くはありませんが、賃貸サイトで有名なリクルートのSUMMOとAirbnbが業務提携したというニュースもあります。

 

民泊法が政府で議論されていたり、ホストとゲストでトラブルがあるという話は耳にしますが、変化に痛みが付き物であるように、今後必要となってくるインフラの一つになることは、時代の変化から容易に想像されます。

 

ゲストからの評価ではなく、ホスト側もゲストの評価ができ、良くテレビで議論が行われている懸念を軽減できる可能性もあります。

 

また、空き家はただの宿泊のみならず、イベントスペースとして利用したり、宿泊施設の少ない地域への観光客呼び込みに使用して、地域活性化を促したりする可能性があります。

 

最近では、宿泊だけでなくその地域の体験もセットになっていることが多く、グローバル化が進む中で、気軽に地域体験が可能となっていくことも魅力の一つになります。

 

ホテルのように快適な空間も良いですが、その土地の人や文化を知って、良い体験になるのではないかと思います。

 

また、使わななくなって行き場のなくなった空き家を観光産業発展のために利用することに加え、災害時の家の提供にも一役買うため、その用途は幅広くなることが予想されます。

 

そして何より、今まで使ってきた家が、誰かの役に立つのならば、持ち主としては嬉しいことはありませんよね!